Blog&column
ブログ・コラム

リフォームで仮住まいが必要なケースとは

query_builder 2024/06/01
コラム
45
自宅をリフォームする場合、内容によっては仮住まいが必要になる場合があります。
依頼する前に仮住まいが必要かどうかがわかると、予算や予定を立てるのに役立つでしょう。
そこで今回は、リフォームで仮住まいが必要なケースについて解説いたします。
リフォームで仮住まいが必要なケース
リフォームの範囲が大規模
リフォーム期間中に住んでいて、工期や日常生活に支障が出る・安全性が確保できないといった問題あれば仮住まいが必要です。
例えばスケルトンリフォーム・設備の総入れ替えなど、大規模な場合は工期も長くなります。
■乳幼児や療養が必要な家族がいる
リフォーム中は家の中に工具や資材が置かれ、また粉じんや騒音も発生することも考えられます。
乳幼児や療養が必要な家族がいる家庭では、仮住まいを用意したほうが安心かもしれません。
▼仮住まいが必要ないケース
■一日もしくは短時間で終わる場合
1日で終わるような小規模なリフォームの場合は、仮住まいが必要ありません。
例えばトイレのリフォームでは、多くが1日で終わるため仮住まいは不要です。
■一室だけを重点的にリフォームする場合
子供の独立や介護のために、一室だけをリフォームする場合も仮住まいは必要ないでしょう。
掃き出し窓がある部屋であれば、そこから必要な資材を出し入れすることができるため、その部屋以外はいつも通りの生活が送れます。
▼まとめ
工期が長くかかるリフォームでは、仮住まいが必要なことがほとんどです。
また仮住まいが必要ない規模でも、家族構成や生活習慣などによっては用意した方がいい場合もあります。
判断に迷う場合は、問い合わせや見積もりの段階で相談してみましょう。
『小西インテリアworks』では、お客様のご予算やご希望に合わせたプランを提供いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • なぜ水回りのクロス張り替えがおすすめなのか?

    query_builder 2023/05/31
  • リフォームで仮住まいが必要なケースとは

    query_builder 2024/06/01
  • 内装リフォームを検討した方が良いタイミングとは

    query_builder 2024/05/15
  • リノベーション物件のメリットとは

    query_builder 2024/05/01
  • リノベーションとリフォームの違いとは

    query_builder 2024/04/15

CATEGORY

ARCHIVE